2016年09月16日

若年層の消費実態(4)-「高級ブランド離れ」「クルマ離れ」は本当か?

生活研究部 主任研究員   久我 尚子

文字サイズ

■要旨
  • 本稿では、総務省「全国消費実態調査」における30歳未満の単身勤労者世帯の被服費や自動車関係費の変化を確認するとともに、社会背景の変化もあわせて、「高級ブランド離れ」や「クルマ離れ」の状況を考察した。
     
  • 若年単身勤労者世帯では、男女とも被服費がバブル期の半分以下へ大幅減少していた。背景には、ファスト・ファッションの台頭や消費社会の成熟化により、過去より、お金をかけなくてもハイレベルな消費生活を楽しめるようになったこと、モノがあふれ物質的欲求が薄まった結果、「高級ブランド離れ」をしていることなどがあげられる。
     
  • 「クルマ離れ」については、娯楽の増加やリスク回避志向の強まりなどからクルマに感じる魅力が弱まっていることを背景に、若い年代ほど運転免許保有率が低下し、「クルマ離れ」をしている様子がうかがえた。しかし、大都市の男性や一人暮らしの男性では「クルマ離れ」が進む一方、一人暮らしの女性ではクルマ利用は増えているなど、若者の間で温度差がある様子も確認できた。

■目次

1――はじめに
2――ファッション費の変化
  1|若年単身勤労者世帯の「被服及び履物」費の変化
   ~男女ともバブル期の半分以下へ大幅減少
  2|消費社会の変化
   ~ファスト・ファッションの台頭、モノがあふれ物質的欲求が弱まり「高級ブランド離れ」か
3――クルマ関係費の変化
  1|若年単身勤労者世帯の「自動車関係費」の変化
   ~男性は減少傾向、女性は増加傾向、薄まる性差
  2|自動車運転免許保有率の変化
   ~若年男女で保有率は低下、女性より男性で低下幅が大きい
  3|業界団体による「クルマ離れ」の考察
   ~リスク回避志向の強まりのほか、ネットの普及によるライフスタイルの
    変化やクルマ以外の魅力的な娯楽の増加などによって相対的にクルマへの関心が低下
4――おわりに

このレポートの関連カテゴリ

83_ext_01_0.jpg

生活研究部   主任研究員

久我 尚子 (くが なおこ)

研究・専門分野
消費者行動、心理統計、保険・金融マーケティング

レポート

アクセスランキング

【若年層の消費実態(4)-「高級ブランド離れ」「クルマ離れ」は本当か?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

若年層の消費実態(4)-「高級ブランド離れ」「クルマ離れ」は本当か?のレポート Topへ