コラム
2016年09月15日

都道府県別出生率が浮き彫りにする日本の課題

少子化社会データ解説:子育てに本当に「やさしい(易・simple & 優・healthy)」解決策とは。

生活研究部 研究員   天野 馨南子

文字サイズ

東京と沖縄の出生率推移

1970年代以降、沖縄が日本の合計特殊出生率(TFR)の首位を独走しています。
 
2015年のTFRを見ると、沖縄は1.94、70年代後半から最下位が続いている東京は1.17です。全国平均の1.46は沖縄よりも東京のTFR値に近く、東京の状況により強く影響されていることがわかります。
東京と沖縄の出生率推移

都道府県別出生率

沢山の子どもを育てようとすれば、より広い空間が必要になります。
1人あたりの空間が狭い大都市への人口集中が続いていることは、少子化が進む日本において大きな問題といえましょう。
 
過密都市に対応した局所的少子化対策も必要ではありますが、先進諸国の中でもひときわ目立つ「人口一極集中化問題」解消の視点からの少子化対策なくしては、TFRの上昇は極めて難しいと思われます。
都道府県別出生率

(資料) 国立社会保障・人口問題研究所「人口統計資料集」|厚生労働省「人口動態統計」


※詳細はこちら
都道府県別出生率と「女性活躍」-データ分析が示す都道府県別出生率と働く女性の関係性-
 
※ 「子ども・子育て支援」に関するレポートはこちら
39_ext_01_0.jpg

生活研究部   研究員

天野 馨南子 (あまの かなこ)

研究・専門分野
少子化対策・女性活躍推進

(2016年09月15日「研究員の眼」)

レポート

アクセスランキング

【都道府県別出生率が浮き彫りにする日本の課題】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

都道府県別出生率が浮き彫りにする日本の課題のレポート Topへ