2016年09月12日

企業物価指数(2016年8月)~前年比で下落幅縮小も、円高で下落基調は継続

経済研究部 研究員   岡 圭佑

文字サイズ

1.国内企業物価は前年比▲3.6%と下落幅を縮小

国内企業物価指数の要因分解/国内企業物価指数の上昇・下落品目数 9月12日に日本銀行から発表された企業物価指数によると、2016年8月の国内企業物価は前年比▲3.6%(7月:同▲3.9%)と下落率は前月から0.3ポイント縮小したものの、事前の市場予想(QUICK集計:前年比▲3.4%)を下回った。前月比では▲0.3%(7月:同0.0%)となり、夏季電力料金引き上げの影響を除いたベースでは▲0.2%と3ヵ月連続でマイナスとなった。

国内企業物価注1の前年比寄与度をみると、機械類(7月:前年比▲0.18%→8月:同▲0.25%)のマイナス寄与が前月から拡大したものの、為替・海外市況連動型(7月:前年比▲1.57%→8月:同▲1.23%)、電力・都市ガス・水道(7月:前年比▲0.82%→8月:同▲0.76%)、素材(その他)(7月:前年比▲0.90%→8月:同▲0.85%)のマイナス寄与が縮小したため、国内企業物価は前月から下げ幅を縮小した。

為替・海外市況連動型(7月:前年比▲17.7%→8月:同▲14.5%)は、依然大幅な下落を続けているものの、原油価格の持ち直しを反映して下落幅を縮小している。電力・都市ガス・水道(7月:前年比▲12.1%→8月:同▲11.3%)は、既往の原油安を反映した電力・都市ガスの燃料調整などから大幅な下落を続けているが、足もとの原油価格の持ち直しを主因に下げ幅を幾分縮小している。鉄鋼・建材関連(7月:前年比▲3.5%→8月:同▲3.4%)は、スクラップ類の持ち直しなどから、下げ幅は縮小傾向にある。その他(7月:前年比0.2%→8月:同▲0.1%)は、農林水産物の下落を反映してマイナスに転じている。

国内企業物価指数の調査対象品目814品目のうち、前年に比べ上昇したのは232品目、下落は510品目となった。下落品目と上昇品目の差は278品目で7月の287品目から若干縮小したものの、品目数でみた価格の下落傾向が継続している。
 
注1  1.機械類:はん用機器、生産用機器、業務用機器、電子部品・デバイス、電気機器、情報通信機器、輸送用機器
   2.鉄鋼・建材関連:鉄鋼、金属製品、窯業・土石製品、製材・木製品、スクラップ類
   3.素材(その他):化学製品、プラスチック製品、繊維製品、パルプ・紙・同製品
   4.為替・海外市況連動型:石油・石炭製品、非鉄金属 
   5.その他:食料品・飲料・たばこ・飼料、その他工業製品、農林水産物、鉱産物

2.輸入物価は円高で下落幅拡大

8月の輸入物価は、契約通貨ベース(7月:前年比▲10.9%→8月:同▲9.9%)では前月から下落幅を縮小したものの、円高の進行を受けて円ベース(7月:前年比▲21.7%→8月:同▲22.0%)では下落幅を拡大した。

輸入物価(円ベース)注2の前年比寄与度をみると、金属・同製品(7月:前年比▲2.03%→8月:同▲1.64%)のマイナス寄与が前月から縮小する一方で、石油・石炭・液化天然ガス(7月:前年比▲10.61%→8月:同▲10.63%)、化学製品(7月:前年比▲1.19%→8月:同▲1.28%)、機械器具(7月:前年比▲4.25%→8月:同▲4.54%)のマイナス寄与が拡大したため、輸入物価(円ベース)は前月から下落幅を拡大した。

石油・石炭・液化天然ガスは、契約通貨ベースでの下落幅(7月:前年比▲25.9%→8月:同▲25.7%)が縮小傾向にある一方で、円ベース(7月:前年比▲36.1%→8月:同▲37.1%)では大幅な下落を続けている。これは、原油価格が緩やかに持ち直すなか、円高進行による下押し圧力が拡大したためと考えられる。先行きは原油価格の上昇が石油製品、液化天然ガスの下落を抑制することから、石油・石炭・天然ガスの下落幅は緩やかに縮小することが見込まれる。

金属・同製品は、円高の進行を主因に円ベース(7月:前年比▲20.8%→8月:同▲17.2%)での下落幅は大幅なマイナスを続けているものの、鉄鉱石や非鉄金属鉱の下げ止まりなどから契約通貨ベース(7月:前年比▲8.3%→8月:同▲2.2%)での下落幅は縮小傾向にある。
輸入物価指数変化率の要因分解(円ベース)/輸入物価(石油・石炭・天然ガス)の要因分解(円ベース)

注2 1.機械器具:はん用・生産用・業務用機器、電気・電子機器、輸送用機器
  2.その他:繊維品、木材・同製品、その他産品・製品
36_ext_01_0.jpg

経済研究部   研究員

岡 圭佑 (おか けいすけ)

研究・専門分野
日本経済

レポート

アクセスランキング

【企業物価指数(2016年8月)~前年比で下落幅縮小も、円高で下落基調は継続】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

企業物価指数(2016年8月)~前年比で下落幅縮小も、円高で下落基調は継続のレポート Topへ