2016年09月09日

欧州経済見通し~英国のEU離脱選択の影響は中期にわたる~

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

■要旨
  1. ポンド安の恩恵もあり英国の国民のEUからの離脱の選択で英国経済が急激な景気後退に陥る事態はとりあえず回避された。しかし、ポンド安は輸入依存度の高い英国経済にとって諸刃の剣だ。CPIは17年前半には目標の2%に届きそうだ。個人消費を支えた実質賃金の押し上げ効果は17年前半にかけて剥落、雇用・所得両面からの環境悪化で個人消費の伸びは鈍る。先行きの不確実性が高さから民間投資も当面は低調に推移しよう。17年の実質GDPは1.2%近辺まで減速しそうだ。
     
  2. ユーロ圏では緩やかな景気拡大が続いており、これまでのところ、英国がEU離脱を選択した影響は軽微に留まっている。圏内での格差の解消は進んでいない。
     
  3. ECBの金融緩和策とやや拡張的な財政政策の下支えもあり、内需主導の緩やかな拡大基調が続く見通しだ。実質GDPは16年前年比1.6%、17年も1.4%と予想する。
     
  4. ECBは9月理事会での追加緩和を見送った。資産買入れプログラムの円滑な実施に関する委員会の評価結果を受けて、12月には期限延長を決めるだろう。
     
  5. 今回の見通し対象期間はEUの創設メンバーの国々で民意を問う機会が続く。主流派への支持低下は続きそうだが、英国以外の国が離脱へと一気に突き進むことは考え難い。
英国経済見通し/ユーロ圏経済見通し
43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【欧州経済見通し~英国のEU離脱選択の影響は中期にわたる~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州経済見通し~英国のEU離脱選択の影響は中期にわたる~のレポート Topへ