2016年09月08日

若年層の経済格差と家族形成格差~増加する非正規雇用者、雇用形態が生む年収と既婚率の違い

生活研究部 主任研究員   久我 尚子

文字サイズ

■要旨
 
  1. 長らく続く景気低迷を背景に、若い世代ほど、同じ年齢であっても非正規雇用者が増えており、新卒時点の労働市場の状況が、その後のキャリアに継続的に影響を与える「世代効果」の負の影響が見える。
     
  2. 正規雇用者と非正規雇用者の年収差は、特に男性で大きく、年齢とともに拡大。40代後半の男性では正規雇用者の年収は非正規雇用者の2倍以上。20~30代非正規男性の平均年収は300万円未満。非正規女性はいずれも250万円未満。
     
  3. 年収300万円未満層は、男性では20代で263万人(雇用者の54.6%、正規雇用者の45.2%、非正規雇用者の79.5%)、30代男性で135万人(同様に20.4%、14.5%、62.4%)、40代男性で88万人(同様に12.1%、7.5%、59.4%)と推計。
     
  4. 男性では年収と既婚率は比例。年収300万円あたりで既婚率は上昇し、「家族形成の壁」がうかがえる。雇用形態や年収による経済格差は家族形成格差につながっている。
     
  5. 若年層の雇用環境の改善に向けては、「同一労働同一賃金」の検討に期待したいが、目の前の賃金だけでなく各種手当や、5年先・10年先の安定性も必要。「女性の活躍促進」のように何らかの数値目標を設定した上で、安定した雇用への転換を促す政策も必要。
雇用形態別に見た平均年収と雇用者に占める非正規雇用者の割合(2015年)(本文の図表-4)

■目次

1―はじめに
2―若年層の非正規化と年収格差
  1|非正規雇用者の割合の推移~90年代以降、急増
  2|世代別に見た非正規雇用者の割合
   ~若い世代ほど同年齢でも非正規が多い、「世代効果」の負の影響
  3|雇用形態別に見た平均年収
   ~特に男性で年齢とともに差が拡大、若年非正規は年収300万円以下
  4|雇用形態別に見た年収階層別の雇用者数分布
   ~年齢とともに正規で2つの分布、ピークは高い位置へ
  5|年収300万円未満層の人口・雇用者比率
   ~20代男性263万人・雇用者の過半数、非正規では約8割
3―若年層の家族形成格差
  1|男性の年収と既婚率の関係
   ~年収300万円あたりの結婚の壁にぶつかる20~30代男性は約400万人
  2|雇用形態別に見た婚姻・恋愛の状況
   ~20~30代非正規男性の既婚率は約5%、交際相手なしが8割
4――おわりに
83_ext_01_0.jpg

生活研究部   主任研究員

久我 尚子 (くが なおこ)

研究・専門分野
消費者行動、心理統計、保険・金融マーケティング

レポート

アクセスランキング

【若年層の経済格差と家族形成格差~増加する非正規雇用者、雇用形態が生む年収と既婚率の違い】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

若年層の経済格差と家族形成格差~増加する非正規雇用者、雇用形態が生む年収と既婚率の違いのレポート Topへ