2016年07月29日

英国のEU離脱選択の衝撃~難航が予想されるEUとの交渉。離脱ドミノのリスク、経済への影響は?

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

■要旨
  1. 英国では、国民投票直後の離脱手続きを担うリーダーの不在は解消されたが、離脱手続きのスケジュールや離脱後の英国とEUの関係ついては今も不透明だ。最終的には離脱後の英国とEUは市場の一体性を保つ方向に落ち着く可能性が最も高いと考えているが、交渉の長期化は必至の情勢だ。現時点で、英国がEUを離脱しない確率を高く見ることはできないが、数年先に民意を問い直す可能性も排除はできないと思っている。
     
  2. 国民投票での離脱選択ショックにも関わらず、市場が秩序を保った背景として、英国の中央銀行・イングランド銀行(BOE)が果たした役割は大きい。英国は、世界金融危機で深刻なダメージを負った反省から、金融監督体制の大改革を行い、BOEの権限は強化、銀行監督の面でも重要な役割を担うようになっている。金融政策の面では、8月4日の次回会合で新たな経済見通しを叩き台とする追加緩和を事実上予告している。
     
  3. EUやユーロ圏への影響で最も心配されるのは、EU離脱国が相次ぐドミノ現象だ。反EU機運の高まりの背景には、経済が長期停滞の様相を強め、格差の是正、失業の解消が進まず、貧困人口が増大していることがある。英国よりも深く統合に組み込まれていた国々の離脱はハードルが高く、コストも大きい。ただちに離脱のドミノが起こることは考え難いがEUとEU加盟国は民意を重く受け止め、問題解決に取り組む必要がある。
     
  4. 経済面での影響は中期的には英国とEUの関係次第。短期的にはユーロ圏への影響は今のところは軽微。金融システムの安定維持がユーロ圏が急失速を回避する条件だ。
明確に悪化した英国の景況感

このレポートの関連カテゴリ

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【英国のEU離脱選択の衝撃~難航が予想されるEUとの交渉。離脱ドミノのリスク、経済への影響は?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

英国のEU離脱選択の衝撃~難航が予想されるEUとの交渉。離脱ドミノのリスク、経済への影響は?のレポート Topへ