2014年01月08日

(年金運用):日本の年金について考えるポイント(欧州出張報告)

金融研究部 年金総合リサーチセンター 年金研究部長   德島 勝幸

文字サイズ

日本の年金運用の実態は、日本の環境・制度に深く根ざしたものであり、独自の進化を遂げている。一方で、決してグローバリズムを単純に信奉するつもりはないが、海外の取組み事例は参考になることが多いし、日本の年金運用のあり方を見直す際には意味のあるものである。

このレポートの関連カテゴリ

76_ext_01_0.jpg

金融研究部   年金総合リサーチセンター 年金研究部長

德島 勝幸 (とくしま かつゆき)

研究・専門分野
年金・債券・クレジット・ALM

レポート

アクセスランキング

【(年金運用):日本の年金について考えるポイント(欧州出張報告)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

(年金運用):日本の年金について考えるポイント(欧州出張報告)のレポート Topへ