2016年02月02日

先週のレポート・コラムまとめ:住と学に費やし老細る-老後を見据えた貯蓄への歩み。固定費の見直しを

52136_ext_03_0.jpg

文字サイズ

新着レポート本数:19本

▼Weeklyエコノミスト・レター
 
☆2015年10-12月期の実質GDP~前期比▲0.6%(年率▲2.2%)を予測
 
☆中国経済:2016年の注目ポイント~構造改革の進捗と
 それに伴う3つのリスク(雇用不安、金融不安、消費失速)に注目!

 
-----------------------------------
 
▼エコノミストの眼
 
☆機械対人間の競争~進歩が生む問題への対応も必要に~
 
-----------------------------------
 
▼研究員の眼
 
☆ランダムかどうかの判断
 -分析に用いている乱数は、本当にランダムといえるか?

 
☆米国銃規制問題~オバマ大統領の涙の訴えにも盛り上がらない世論
 
☆「幸せ」のライフデザイン-“What”から“How”の時代へ
 
-----------------------------------
 
▼基礎研レター
 
☆日本の生命保険業績動向 ざっくり30年史(4) 
 経済環境と資産構成の推移-超低金利とバブル崩壊後の株価の中で

 
☆EUソルベンシーIIの動向-各社のSCR算出のための
 内部モデルの適用申請等はどのような結果になったのか(2)-

 
☆「目指したい健康」はどんな状態?~アンケートによる「健康」の要素
 
☆米国の就業不能保障保険
 -精神障害に対する保障の日米の相違点も踏まえて

 
-----------------------------------
 
▼基礎研レポート
 
☆2050年のCO2削減目標をコミットした企業
 -「低炭素杯2016」の『ベスト長期目標賞』受賞企業が決定

 
-----------------------------------
 
▼経済・金融フラッシュ
 
☆【アジア新興経済レビュー】底堅い内需も輸出不振の長期化が足枷に
 
☆【10-12月期米GDP】前期比年率+0.7%、雇用は堅調も個人消費の伸びは鈍化
 
☆【台湾GDP】10-12月期は前年同期比0.28%減~景気対策で消費持ち直しも、
 輸出・投資の低迷で2期連続のマイナス成長~

 
☆鉱工業生産15年12月~3四半期ぶりの増産だが、回復にはほど遠い
 
☆消費者物価(全国15年12月)~コアCPI上昇率は再びマイナスへ
 
☆【フィリピンGDP】10-12月期は前年同期比6.3%増
 ~財輸出は伸び悩むも、旺盛な内需で加速~

 
☆【1月米FOMC】予想通り政策金利を据え置き、景気判断を下方修正。
 
☆【韓国10-12月期GDP】景気刺激策後の反動減で前期比0.6%増に鈍化

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【先週のレポート・コラムまとめ:住と学に費やし老細る-老後を見据えた貯蓄への歩み。固定費の見直しを】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

先週のレポート・コラムまとめ:住と学に費やし老細る-老後を見据えた貯蓄への歩み。固定費の見直しをのレポート Topへ