2012年05月22日

情報と投資行動:選択型実験法を利用したフレーミング効果の検証

金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   北村 智紀
保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   中嶋 邦夫

文字サイズ

このレポートの関連カテゴリ

67_ext_01_0.jpg

金融研究部

北村 智紀 (きたむら ともき)

52_ext_01_0.jpg

保険研究部

中嶋 邦夫 (なかしま くにお)

レポート

アクセスランキング

【情報と投資行動:選択型実験法を利用したフレーミング効果の検証】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

情報と投資行動:選択型実験法を利用したフレーミング効果の検証のレポート Topへ