2015年12月09日

欧州経済見通し ~相次ぐ危機でも回復は途切れないのか?~

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

  1. 2015年のユーロ圏では危機が相次いだが、緩やかな回復は途切れなかった。
  2. 16年もユーロ圏の内需主導の緩やかな回復は続く見通しだ。実質GDPは15年の前年比1.6%、16年同1.6%、17年同1.7%、インフレ率は、世界的な原油価格の動きが大きく影響し、15年はゼロ、16年1.1%、17年1.6%と予測する。
  3. 相次ぐ危機でもユーロ圏の回復が途切れなかった最大の理由は、欧州中央銀行(ECB)の金融緩和の強化にある。ユーロ高圧力の緩和や、ユーロ圏経済の内外のショックへの耐性を高める上で大きな役割を果たしたが、貸出や設備投資などへの効果はこれまでのところ限定的だ。期待される成長率が低い上に、民間企業の過剰債務や銀行の不良債権処理の遅れが、金融政策の波及を妨げていると思われる。
  4. 16年も個人消費は雇用所得環境の改善に支えられて堅調に推移する見通しだ。投資も拡大が見込まれるが、域内のデレバレッジの圧力が残り、新興国を中心とする輸出も伸び悩んでいるため、現時点での計画に比べて、ペースは緩やかなものとなりそうだ。
  5. 他方、難民対策費や治安対策の強化など、危機対策のための政府支出が一定の押し上げ効果を果たす見込みであり、その規模は想定よりも上振れる可能性がある。
  6. 英国経済は2017年にかけて2%台半ばの成長が続く見通しであり、イングランド銀行(BOE)は、16年7~9月期に利上げに着手するだろう。
  7. 英国では17年末までに欧州連合(EU)残留の是非を問う国民投票が実施される。果たして英国民が合理的な判断を下すのか。向こう2年間の最大の注目点となろう。
ユーロ圏経済見通し
43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【欧州経済見通し ~相次ぐ危機でも回復は途切れないのか?~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州経済見通し ~相次ぐ危機でも回復は途切れないのか?~のレポート Topへ