2015年11月10日

「健康づくり事業」や医療提供体制構築における自治体の役割

保険研究部 研究員   村松 容子

文字サイズ

■要旨

健康づくりや医療介護提供において、自治体が担うべき役割が大きくなっている。特に、市町村は、医療介護提供以外に、従来から母子保健事業、老人保健事業を提供してきたことを踏まえて、住民の健康状態を把握したり、「健康づくり」を促進する取組みへの期待も大きい。

本稿では、自治体の「健康づくり」における役割、医療介護提供体制における役割の概要を紹介する。

54_ext_01_0.jpg

保険研究部   研究員

村松 容子 (むらまつ ようこ)

研究・専門分野
共済計理人・コンサルティング業務、生保市場調査

(2015年11月10日「基礎研レター」)

レポート

アクセスランキング

【「健康づくり事業」や医療提供体制構築における自治体の役割】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

「健康づくり事業」や医療提供体制構築における自治体の役割のレポート Topへ