2015年10月29日

鉱工業生産15年9月~2四半期連続の減産も、明るい兆し

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

■見出し

・9月の生産は予想を大きく上回る
・輸送機械の在庫調整が大きく進展

■要旨

経済産業省が10月29日に公表した鉱工業指数によると、15年9月の鉱工業生産指数は前月比1.0%と3ヵ月ぶりに上昇し、先月時点の予測指数の伸び(前月比0.1%)、事前の市場予想(QUICK集計:前月比▲0.5%、当社予想は同▲1.1%)をともに大きく上回った。
15年7-9月期の生産は前期比▲1.3%(4-6月期:同▲1.4%)と2四半期連続の減少となった。業種別には、訪日外国人向けの需要拡大を追い風に化学(除く医薬品)が前期比4.2%の高い伸びとなったが、14年度中は底堅く推移していたはん用・生産用・業務用機械が、新興国経済減速の影響から前期比▲4.6%(4-6月期:同▲2.1%)と大きく落ち込んだ。また、在庫調整が続く鉄鋼、輸送機械は減少を続けたが、4-6月期に比べれば減産幅は縮小した(鉄鋼~4-6月期:前期比▲4.1%→7-9月期:同▲0.9%、輸送機械~4-6月期:前期比▲2.3%→7-9月期:同▲1.9%)。

製造工業生産予測指数は、15年10月が前月比4.1%、11月が同▲0.3%となった。生産計画の修正状況を示す実現率(9月)、予測修正率(10月)はそれぞれ▲0.2%、▲0.4%といずれもマイナスとなったが、これまでに比べれば修正は小幅にとどまった。
輸送機械は駆け込み需要の反動減、増税に伴う軽自動車の販売不振などから消費税率引き上げ後、在庫の高止まりが続いていたが、9月の在庫指数は前月比▲8.2%と大幅に低下し、7月からの3ヵ月では▲15%程度の大幅低下となった。他業種への波及効果も大きい輸送機械の在庫調整が大きく進展したことは生産の先行きを見る上で明るい材料だ。
15年9月の生産指数を10、11月の予測指数で先延ばし(12月は横ばいと仮定)すると、15年10-12月期は前期比4.2%となる。10月の生産は予測指数(前月比4.1%)を下回る可能性が高いため、実際の生産の伸びはこれを大きく下回ることが見込まれるが、3四半期ぶりの増産は見えてきた。
先行きの生産を占う上で鍵となるのは引き続き在庫動向だ。7-9月期の在庫指数は前期比▲1.0%と13年10-12月期以来、7四半期ぶりの低下となったが、依然として水準は高い。10月以降も在庫調整が進むかどうかが注目される。

45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

(2015年10月29日「経済・金融フラッシュ」)

レポート

アクセスランキング

【鉱工業生産15年9月~2四半期連続の減産も、明るい兆し】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

鉱工業生産15年9月~2四半期連続の減産も、明るい兆しのレポート Topへ