2015年10月23日

10月22日ECB政策理事会:12月理事会での追加緩和策決定を事実上予告。追加利下げも排除せず

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

欧州中央銀行(ECB)が22日に政策理事会を開催、政策変更はなかったが、12月3日の次回理事会での追加緩和策の決定を事実上予告したことで、株高、債券高(利回りは低下)、ユーロ安が進んだ。

ドラギ総裁が今回の政策理事会で協議したことを認めたことで、追加利下げも次の一手の選択肢の1つとして浮上した。ターゲット型資金供給(TLTRO)に関する決定の可能性はあるが、効果は低い。国債等の買入れプログラムの「16年9月末」からの期限延長は既定方針となりつつある。

追加利下げや国債等の買入れ規模の拡大、対象資産の拡大などに踏み切るかは、新興国の景気減速のユーロ圏への波及度合いやインフレ期待、ユーロ相場の動向を注視した上で決めると思われる。

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

(2015年10月23日「経済・金融フラッシュ」)

レポート

アクセスランキング

【10月22日ECB政策理事会:12月理事会での追加緩和策決定を事実上予告。追加利下げも排除せず】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

10月22日ECB政策理事会:12月理事会での追加緩和策決定を事実上予告。追加利下げも排除せずのレポート Topへ