2015年10月16日

米国際収支の動向-金融危機後に経常赤字縮小も当面は経常赤字が拡大の見込み

経済研究部 主任研究員   窪谷 浩

文字サイズ

【要旨】

  1. 米国の経常収支は、90年代前半から赤字基調が持続しており、金融危機前の05~06年にかけてはGDP比6%超まで赤字幅が拡大した。しかし、金融危機に伴い米国の内需が落込んだこともあり、金融危機後は、概ね2%台まで赤字幅が縮小して推移している。
  2. また、シェールオイルの国内生産が増加したことも、石油関連の貿易赤字縮小を通じて、経常赤字の縮小に寄与してきた。
  3. もっとも、足元では経常赤字が拡大基調に復しているとみられる。これは、米経済が相対的に堅調を維持しているほか、米金利先高観測に伴うドル高が影響しているためだ。また、これらは米国証券市場への資金流入を促し、経常収支と表裏一体である金融収支の負債超過額の拡大要因でもある。
  4. さらに、原油価格の下落に伴い、シェールオイルの生産拡大に陰りがみられており、石油関連収支の改善ペースが鈍化する可能性もでてきた。
  5. 米政策金利の引上げは、ドル高を更に加速させる可能性があるため、海外経済に不安を抱える中でFRBは難しい舵取りを迫られよう。
42813_ext_15_1.jpg

このレポートの関連カテゴリ

27923_ext_01_0.jpg

経済研究部   主任研究員

窪谷 浩 (くぼたに ひろし)

研究・専門分野
米国経済

(2015年10月16日「Weekly エコノミスト・レター」)

レポート

アクセスランキング

【米国際収支の動向-金融危機後に経常赤字縮小も当面は経常赤字が拡大の見込み】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国際収支の動向-金融危機後に経常赤字縮小も当面は経常赤字が拡大の見込みのレポート Topへ