2015年10月13日

特定健診・保健指導の実施状況-実施率向上のためには何が有効か?

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   篠原 拓也

文字サイズ

■要旨

日本では、予防医療の一環として2008年度に、特定健康診査と特定保健指導(特定健診等)が始められた。開始当初は、判定基準や有効性などについて、様々な議論が持ち上がったが、導入から7年あまりが経ち、ようやく定着しつつある。本稿では、厚生労働省の公表資料をもとに、特定健診等の現状を概観する。併せて、特定健診等の課題を明らかにし、実施率の上昇に向けた取り組みのあり方を検討することとしたい。

30_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

篠原 拓也 (しのはら たくや)

研究・専門分野
保険商品、保険計理

(2015年10月13日「基礎研レター」)

レポート

アクセスランキング

【特定健診・保健指導の実施状況-実施率向上のためには何が有効か?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

特定健診・保健指導の実施状況-実施率向上のためには何が有効か?のレポート Topへ