2015年09月29日

健康寿命に関する2つの誤解

保険研究部 研究員   村松 容子

文字サイズ

■要旨

日本は長寿国である。しかし、かならずしも元気なまま寿命をまっとうするわけではない。高齢期における生活や、健康状態への不安は大きく、健康で生活できる期間を長くすることが人々の願いとなっている。

そのような中、厚生労働省から、「健康寿命」が公表されるようになった。健康寿命とは、「健康に生きている期間」を示し、寿命と健康寿命の差は「不健康な状態で生きている期間」を示す。この概念は直感的にわかりやすく、急速に広まっているようである。しかし、その一方で、「不健康な期間(2013年時点で男性9.0年、女性12.4年)」はあまりにも長く、過剰な不安や拒絶感をもつ人もいるようだ。

この健康寿命がどういった目的でどのように計算されているのかの前提を知り、適切に健康増進に向けた生活を送ることや資産の形成を含めた生活設計を進めることが大切だろう。

54_ext_01_0.jpg

保険研究部   研究員

村松 容子 (むらまつ ようこ)

研究・専門分野
共済計理人・コンサルティング業務、生保市場調査

(2015年09月29日「基礎研レター」)

レポート

アクセスランキング

【健康寿命に関する2つの誤解】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

健康寿命に関する2つの誤解のレポート Topへ