2015年09月17日

リスク分担型DB(仮称)の導入意義とは-公的年金を補完する役割としてのDB・DC制度の違いから考える

金融研究部 年金総合リサーチセンター 企業年金調査室長   梅内 俊樹

文字サイズ

■要旨

社会保障審議会の下に設置された企業年金部会での議論が9月11日に再開された。今年1月に一旦打ち切られるまでに結論が得られなかった弾力的なDB制度の運営を可能とする措置を検討するためである。本稿では、9月11日の企業年金部会でDB制度の弾力化として厚生労働省より提示された「リスク対応掛金」を通じた掛金の事前拠出、および、柔軟なリスク分担を可能とする「リスク分担型DB(仮称)」についてまず概観する。その上で、「リスク分担型DB(仮称)」に焦点を当てて、運用リスクの負担構造などの観点から、現存する他のDB制度やDC制度との違いを確認しつつ、導入意義について考える。

78_ext_01_0.jpg

金融研究部   年金総合リサーチセンター 企業年金調査室長

梅内 俊樹 (うめうち としき)

研究・専門分野
リスク管理、年金運用

(2015年09月17日「基礎研レポート」)

レポート

アクセスランキング

【リスク分担型DB(仮称)の導入意義とは-公的年金を補完する役割としてのDB・DC制度の違いから考える】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

リスク分担型DB(仮称)の導入意義とは-公的年金を補完する役割としてのDB・DC制度の違いから考えるのレポート Topへ