2015年09月16日

株式持ち合い解消後を占う(2)-持合比率によって変わること、変わらないこと

金融研究部 准主任研究員   高岡 和佳子

文字サイズ

■要旨

政策保有株式を取り巻く環境変化を背景に、政策保有株式の更なる削減が予想される。当レポートでは、政策保有株式の減少が企業の行動にもたらす変化を予想する。前回は、資金調達行動と事業再編に関する分析結果を報告し、政策保有株式の削減に伴い、株式や転換社債の発行による資金調達が減る可能性を指摘する一方、事業再編の頻度や速度にはさほど影響がなさそうであると報告した。今回は企業業績と利益の還元方法、並びに株主層(個人株主)の拡大に対する企業の取り組みに着目する。

このレポートの関連カテゴリ

71_ext_01_0.jpg

金融研究部   准主任研究員

高岡 和佳子 (たかおか わかこ)

研究・専門分野
リスク管理・ALM、価格評価、企業分析

(2015年09月16日「基礎研レター」)

レポート

アクセスランキング

【株式持ち合い解消後を占う(2)-持合比率によって変わること、変わらないこと】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

株式持ち合い解消後を占う(2)-持合比率によって変わること、変わらないことのレポート Topへ