2015年09月14日

高齢者の消費力のポテンシャル~高齢者市場開拓に向けた参考情報

生活研究部 主任研究員   前田 展弘

文字サイズ

<要旨>

  1. 拡大を続ける高齢者市場を如何に開拓できるかは、個々の企業のみならず国内経済全体の発展に大きく関わることである。しかし、年金を主な収入源として暮らす高齢者にどれだけの消費力があるのか、その実態は判然としていない。
  2. 国民生活基礎調査から世帯ごとの「可処分所得額」と「家計支出額」の関係を照合し、毎月の家計の収支を予測してみると、高齢者世帯の17%は「赤字」、42%は「収支が均衡」、41%は「黒字」の可能性があることがわかった。
  3. 高齢者世帯の約4割が黒字の可能性があることをどのように解釈すべきか。より実態に近い解釈は、「手元には使えるお金はあるけど“使わない”世帯が約4割もある」ということだろう。“余分なものは買わない”ことに徹しながら生活を切り詰め、結果として収支のプラスを確保しているのが実態と言える。
  4. 高齢者市場を活性化させるには、そうした“使わない”を“使える・使いたい”に変えるような市場からのアプローチが必要である。将来不安の軽減につながるような金融・保険商品の開発であったり、高齢者が「これなら買ってもいい、利用したい」と思わせるような商品サービスのさらなる“魅力づくり、付加価値づくり”が求められる。

このレポートの関連カテゴリ

41_ext_01_0.jpg

生活研究部   主任研究員

前田 展弘 (まえだ のぶひろ)

研究・専門分野
ジェロントロジー(高齢社会総合研究)、超高齢社会・市場、QOL(Quality of Life)、ライフデザイン

レポート

アクセスランキング

【高齢者の消費力のポテンシャル~高齢者市場開拓に向けた参考情報】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

高齢者の消費力のポテンシャル~高齢者市場開拓に向けた参考情報のレポート Topへ