2015年09月10日

第3の企業年金をどう考えるか(その3)~イギリス、DCからDAへ~

金融研究部 常務取締役 部長   前田 俊之

文字サイズ

■要旨

前回はオランダでCDCが生まれた経緯とその後のDAを巡る議論について見てきました。オランダでのDAの動きに少し遅れて、イギリスでも2011年頃からDAを巡る議論が本格化しました。そして、2015年3月に一連の議論を踏まえた年金関連法(Pension Scheme Act 2015)が成立しています。DBの衰退が進む一方で、DCの普及が思ったほど進まないこと、さらにはそのDCの拠出割合が低水準に留まっていることが背景にあります。こうした中で、イギリスが目指すDAはどのような内容なのでしょうか。DBの伝統を残すオランダが目指すものと同じなのか。第三回目の今回は、イギリスの企業年金がどのように変化し、なぜDAが生まれたのかを整理してみます。その上でわが国で検討する際の視点についても言及したいと思います。

37_ext_01_0.jpg

金融研究部   常務取締役 部長

前田 俊之 (まえだ としゆき)

研究・専門分野
金融研究部統括

(2015年09月10日「基礎研レター」)

レポート

アクセスランキング

【第3の企業年金をどう考えるか(その3)~イギリス、DCからDAへ~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

第3の企業年金をどう考えるか(その3)~イギリス、DCからDAへ~のレポート Topへ