2015年07月07日

人類滅亡、12のシナリオ-オックスフォード大学等の公表したレポートより

基礎研REPORT(冊子版) 2015年7月号

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   安井 義浩

文字サイズ

今年2月中旬、「12 Risks That ThreatenHuman Civilization」というレポートが公開された。報道では、「人類滅亡、12のシナリオ」などと紹介されているようだ。
   このレポート作成に携わったのは、英国のオックスフォード大学やその傘下のフューチャーヒューマニティ研究所の科学者、スウェーデンにあるグローバルチャレンジ財団、そしてその他金融・経済の専門家などの錚々たるメンバーである。

その12のリスクとは…。

【現在進行中のリスク】
 1.極端な気候変化
    地球温暖化など極端な気候変化が引き起こす飢餓・社会崩壊
 2.核戦争
    以前懸念された全面核戦争の可能性は低くなったが、突発的に起こる可能性は、まだ無視できない。
 3.世界規模のパンデミック
    人々の往来の激しさ、速さは増しており、感染症が発生した場合、大流行する可能性が高まっている。
 4.生態系の崩壊
    環境汚染などにより、生物種が絶滅する速さが増す。
 5.国際的なシステムの崩壊
    世界経済がグローバル化して、経済危機や貧富の差が拡大し、社会混乱や無法状態をもたらす。

【外因的なリスク】
 6.巨大隕石の衝突
    衝突地域が全滅するだけでなく、生じる塵が地球を覆い、寒冷化や生態系の破壊をもたらす。
 7.大規模な火山噴火
    塵による日光遮断と寒冷化。それが飢餓や政治的混乱を引き起こす。

【新たなリスク】
 8.合成生物学
    人工的な病原体の生成など(映画「バイオハザード」)
 9.ナノテクノロジー
    小型核兵器の開発への転用
10.人工知能
    制御不可能になった人工知能独裁者や膨大なロボットの出現(映画「ターミネーター」)
11.その他の全く未知の可能性

【国際政治のリスク】
12.政治の失敗による国際的影響
    問題発生時、まずはその国で適切に対処しないと、問題が世界全体に拡がり、悪化させることに。

上記11.その他の未知の可能性の一例として、「人類を不妊にする超汚染物質の開発」「人工ブラックホールが地球を飲み込む」「動物実験により人類を超える知的生物が出現」「誰かが地球外生命(ET)にコンタクトし、危険な異星人(エイリアン)の注意を呼び寄せる」が、挙げてあった。過去にばかげていると評されたことが、現実の脅威となるケースもあるので、まずはどんな可能性も否定できない。
   このあとレポートは、それぞれのリスクの関連性や、リスクを軽減できる可能性などについて述べている。例えば政治の失敗など人間のやることは、防ぐことは比較的易しい一方、隕石・噴火などは防ぎようがない。ただし被害を最小にはできる。最も厄介なのが、少し意外だが「人工知能」で、一旦暴れだしたら、人間には止められないから、とのことだ。
   このレポートの狙いは、関係者が各種リスクの知識を得て、対応に向けた努力や協力を促すことであるという。
   その際の態度や考え方として、最後に、以下の10項目が示されている。
       1.世界規模のリーダーシップ・ネットワークを構築すること
       2.リスク査定能力を育てること
       3.危機探知システムを構築すること
       4.極度に複雑な社会システムを視覚化すること
       5.リスクを減らす正しい方策を強調して伝えること
       6.あらゆる可能性に注意を向けること
       7.巨大リスクへの関心を高めること
       8.巨大リスクを明確に説明すること
       9.地球規模のリスクに対する指標を政府が確立すること
      10.「世界リスク機構」の設立

個人や企業ではどうにもならないリスクもあるが、対応の考え方については、企業の通常のリスク管理(特にエマージングリスク)の際、何かヒントにもなることもあると思う。

 
 

 

このレポートの関連カテゴリ

27_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

安井 義浩 (やすい よしひろ)

研究・専門分野
保険会計・計理、共済計理人・コンサルティング業務

(2015年07月07日「基礎研REPORT(冊子版)」)

レポート

アクセスランキング

【人類滅亡、12のシナリオ-オックスフォード大学等の公表したレポートより】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

人類滅亡、12のシナリオ-オックスフォード大学等の公表したレポートよりのレポート Topへ