2015年07月03日

医療・介護の現状と今後の展開

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   篠原 拓也

文字サイズ

■要旨

医療や介護は、自分や家族にとって身近なものである。これまで、日本では、高品質の医療サービスが低廉な負担で提供されてきた。介護サービスについても拡充が図られてきた。しかし、少子高齢化が進む中で、この動きは曲がり角に来ている。
新聞や雑誌等では、日々、医療・介護制度の改革の問題が取り上げられるが、聞きなれない用語が並び、細部の制度改定や、兆円、億円単位の財政の話など、複雑で難しいと感じられることが多いのではないだろうか。
そこで本稿では、医療・介護を取り巻く環境の変化や、関連する問題を紹介する。併せて、諸外国の制度を概観する。更に、民間医療保険への影響についても論じていきたい。本稿が、医療・介護問題への関心を深める一助となれば幸いである。

このレポートの関連カテゴリ

30_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

篠原 拓也 (しのはら たくや)

研究・専門分野
保険商品、保険計理

(2015年07月03日「ニッセイ基礎研所報」)

レポート

アクセスランキング

【医療・介護の現状と今後の展開】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

医療・介護の現状と今後の展開のレポート Topへ