2015年07月03日

2014年末の株価予想、的中までの軌跡

金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任   井出 真吾

文字サイズ

■要旨

2014年12月末の日経平均株価は17,450円で終えた。一方、筆者が14年末の株価を最初に予想したのは年初14年1月8日付けレポートで述べた17,500円で、実際の価格と50円違いの僅差だった。周囲は「見事的中」と評してくれたが、自分ではそう思っていない。予想が的中したというよりも、「株式市場が合理的に行動した結果」だと考えている。なぜなら、筆者が年末株価を予想する際は、株価に影響する様々な要素のうち最も重要な企業業績をベースに考え、短期的な需給変化などをほとんど考慮しないからだ(1年先の需給など予想しようがない)。

つまり、やや語弊があるが、筆者が予想する年末時点の株価は「こうなるだろう」というよりも、「妥当な株価水準はこのくらいだ」という意味合いが大きい。従って、株式市場が過度に楽観または悲観に傾くと、筆者の予想株価から大きく乖離することになる。実際、14年の前半は株価が低迷して14,000円程度まで下落するなど、予想から掛け離れた時期もあったが、筆者は年末株価の予想を一度も変更しなかった。

本稿では、14年の株価予想に関するレポートを発行順に掲載し、その時々で何をどう考えたのか整理する。最後に15年の年初に書いた年末株価予想レポートも掲載する。

このレポートの関連カテゴリ

66_ext_01_0.jpg

金融研究部   チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任

井出 真吾 (いで しんご)

研究・専門分野
株式市場・株式投資

(2015年07月03日「ニッセイ基礎研所報」)

レポート

アクセスランキング

【2014年末の株価予想、的中までの軌跡】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2014年末の株価予想、的中までの軌跡のレポート Topへ