2015年06月16日

変革期を迎えるオランダの年金基金~その背景と課題~

取締役   前田 俊之

年金制度 公的年金 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

オランダの年金制度は世界の中でも高い評価を受けてきました。例えば、年金コンサルタントのマーサー社が毎年発表する主要国の年金制度評価で、オランダは常に上位に名を連ねています。しかし、そのオランダの年金制度に変化の兆しがあります。今、何が起きているのか、そしてその背景にどのような問題があるのかを考えてみたいと思います。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
37_ext_01_0.jpg

取締役

前田 俊之 (まえだ としゆき)

研究・専門分野

(2015年06月16日「基礎研レター」)

レポート

アクセスランキング

【変革期を迎えるオランダの年金基金~その背景と課題~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

変革期を迎えるオランダの年金基金~その背景と課題~のレポート Topへ