2015年06月15日

金利低下に保険監督当局はどう対応してきたのか-ドイツBaFinの例-

保険研究部 取締役   中村 亮一

文字サイズ

■要旨

世界的な低金利環境が続く中で、各国の保険監督当局は、従来の規制の枠の中であるいは新たな規制を設ける等して、いろいろな対応策を実施してきている。ドイツにおいてもその状況は同様であり、ここ数年における金利低下に対応して、いくつかの手段を講じてきている。

今回のレポートでは、ドイツの保険監督当局であるBaFin(連邦金融監督庁:Bundesanstalt fur Finanzdienstleistungsaufsicht)が昨今の低金利環境下でどのような対応を行ってきたのかを報告する。

27927_ext_01_0.jpg

保険研究部   取締役

中村 亮一 (なかむら りょういち)

研究・専門分野
保険会計・計理

(2015年06月15日「基礎研レポート」)

レポート

アクセスランキング

【金利低下に保険監督当局はどう対応してきたのか-ドイツBaFinの例-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

金利低下に保険監督当局はどう対応してきたのか-ドイツBaFinの例-のレポート Topへ