2015年06月10日

企業物価指数(2015年5月)~輸入物価は円安で2ヵ月ぶりにプラス

経済研究部 研究員   岡 圭佑

文字サイズ

■見出し

・企業物価(増税分除く)は下落幅が縮小
・輸入物価は円安で2ヵ月ぶりにプラス
・最終財は夏場以降上昇基調が明確に
・国内企業物価は下落幅が縮小へ

■要旨

6月10日に日本銀行から発表された企業物価指数によると、2015年5月の国内企業物価指数は前年比▲2.1%(4月:同▲2.1%)と事前の市場予想(QUICK集計:前年比▲2.2%)を上回った。消費増税の影響を除いたベースでは、前年比▲2.0%(4月:同▲2.2%)と年初から▲2%を超える下落幅が続いている。

5月の輸入物価(円ベース)は前年比▲8.3%(4月:同▲9.8%)と、原油安の一巡に伴い下落幅が縮小している。前月比では0.8%(4月:同▲2.1%)と2ヵ月ぶりにプラスとなった。原油価格、非鉄金属の下落が一服したほか、ドル円相場(中心相場/月末)は4月の118.5円/ドルから5月に123.8円/ドルまで円安が進行したことが影響している。

5月の需要段階別指数(国内品+輸入品)をみると、素原材料が前年比▲23.6%(4月:同▲25.1%)、中間材が前年比▲1.9%(4月:同▲2.1%)、最終財が前年比1.2%(4月:同0.8%)となった。先行きについては、原油安の一巡や円安に伴い素原材料の下落幅が縮小する中、内需の回復を背景に価格転嫁が進むことから、夏場以降最終財の上昇基調が明確なものとなるだろう。

国内企業物価の下落幅は、年初をピークに縮小傾向にある。国際商品市況は足元で原油安が一巡しているほか、非鉄金属などの下落には一服感もみられる。また、為替については、米国が利上げに向かう中、日本銀行による量的・質的金融緩和が継続されるため、緩やかな円安が続くだろう。こうした下で、国内景気は緩やかな回復を続けることで需給が改善し、価格転嫁の進展もあり、国内企業物価は下落幅を縮小することが見込まれる。

36_ext_01_0.jpg

経済研究部   研究員

岡 圭佑 (おか けいすけ)

研究・専門分野
日本経済

(2015年06月10日「経済・金融フラッシュ」)

レポート

アクセスランキング

【企業物価指数(2015年5月)~輸入物価は円安で2ヵ月ぶりにプラス】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

企業物価指数(2015年5月)~輸入物価は円安で2ヵ月ぶりにプラスのレポート Topへ