2015年06月09日

欧州経済見通し~ユーロ圏:回復の裾野は広がりつつある/英国:回復は続く、利上げ開始は16年~

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

  1. ユーロ圏経済は、原油安、金利低下、ユーロ安を追い風に個人消費主導で回復している。長期にわたって投資が低迷した原因のうち、デレバレッジの圧力は解消していないが、資金調達環境は改善、「欧州のための投資」計画も多少の呼び水となって、緩やかな回復が期待できる。輸出は先進国向けで伸びを保つことになるだろう。
  2. 構造的な阻害要因が残るため、持続的で自律的な軌道に乗るまでに時間を要すると見られる一方、回復を後押しした原油安、超低金利、ユーロ安の構図は変化しつつある。この先、回復のペースが一気に加速することは考え難いが、裾野を広げつつ、緩やかに拡大するだろう。
  3. インフレ率は、エネルギー価格の影響で15年末から16年初にかけて伸びを高めるが、内生的なインフレ圧力が弱く、16年後半の段階でも「2%以下でその近辺」のレンジを下回る。
  4. ECBは少なくとも16年9月まで量的緩和を継続する。長期金利は、今後も、大きく動く場面がありそうだが、ならしてみれば、低い水準に維持されよう。
  5. 英国経済の1~3月期の実質GDPは純輸出の下押しで前期比0.3%に鈍化したが、雇用所得環境の改善は続いており、底堅さを増している。足もとマイナスのインフレ率も徐々に伸びを高める見通し。BOEは16年入り後に利上げを開始しよう。

緩やかな回復が続く~ユーロ圏経済見通し~

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

(2015年06月09日「Weekly エコノミスト・レター」)

レポート

アクセスランキング

【欧州経済見通し~ユーロ圏:回復の裾野は広がりつつある/英国:回復は続く、利上げ開始は16年~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州経済見通し~ユーロ圏:回復の裾野は広がりつつある/英国:回復は続く、利上げ開始は16年~のレポート Topへ