2015年06月09日

欧米生保市場定点観測(毎月第二火曜日発行) アメリカ「健康保険市場」の動向―アメリカの医療保険制度改革は、順調に推移しているのか?

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   篠原 拓也

文字サイズ

■要旨

アメリカでは、2014年1月に、医療保険制度改革(いわゆる「オバマケア」)が実施され、国民皆保険制度がスタートした。制度開始から1年以上が経過し、いくつかの問題点が明らかになりつつある。これらの動向の概観を通じて、アメリカでの医療の変化を把握することとしたい。

今後、ますます高齢化の進む日本でも、医療・介護制度の改正に向けた議論が進むものと考えられる。その際は、アメリカの医療保険制度改革で生じている事象も参考にしつつ、検討を進めるべきと考えられる。

30_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

篠原 拓也 (しのはら たくや)

研究・専門分野
保険商品、保険計理

(2015年06月09日「基礎研レター」)

レポート

アクセスランキング

【欧米生保市場定点観測(毎月第二火曜日発行) アメリカ「健康保険市場」の動向―アメリカの医療保険制度改革は、順調に推移しているのか?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧米生保市場定点観測(毎月第二火曜日発行) アメリカ「健康保険市場」の動向―アメリカの医療保険制度改革は、順調に推移しているのか?のレポート Topへ