2015年05月26日

国際保険資本規制と対立する米国-米国生命保険協会と全米保険監督官協会が議会で意見表明

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   安井 義浩

文字サイズ

■要旨

保険会社の国際資本規制を行なう検討が、IAIS(保険監督者国際機構)で進められている。

一方で、米国は同様の検討を、独自に行いつつある。先日、米国議会の委員会において、全米保険監督官協会と米国生命保険協会が、それぞれ国際資本規制に関する意見を提出した。内容は、IAISの規制作りとは、一線を画すような内容であり、現時点では、その両立は前途多難なようである。

このレポートの関連カテゴリ

27_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

安井 義浩 (やすい よしひろ)

研究・専門分野
保険会計・計理、共済計理人・コンサルティング業務

(2015年05月26日「基礎研レター」)

レポート

アクセスランキング

【国際保険資本規制と対立する米国-米国生命保険協会と全米保険監督官協会が議会で意見表明】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

国際保険資本規制と対立する米国-米国生命保険協会と全米保険監督官協会が議会で意見表明のレポート Topへ