2015年05月12日

欧米生保市場定点観測(毎月第二火曜日発行) 米国の終身個人年金―即時開始型定額終身年金と長寿年金―

保険研究部 主任研究員   松岡 博司

文字サイズ

■要旨

米国では、ベビーブーマー世代(1946年~1964年生まれ)の退職が本格化するにつれ、退職後の生活資金の枯渇問題への懸念が高まり、その解決策の1つとして、生保会社が提供する終身個人年金が脚光を浴びるようになった。

「終身年金パズル」という言葉があるように、従来は、人々は終身個人年金の有用性を理解してはいるが、実際に購入することは極めて少なかった。

しかし、近年、即時開始型終身定額年金および長寿年金という、契約当初から終身年金の提供を目的とする個人年金の販売が好調となっている。

特に直近は、相互会社を中核会社とする生保グループによる終身個人年金への取り組みが積極化している。

51_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員

松岡 博司 (まつおか ひろし)

研究・専門分野
生保経営・生保制度(生保販売チャネル・バンカシュランス等、主に日本生命委託事項を中心とする研究)

(2015年05月12日「基礎研レター」)

レポート

アクセスランキング

【欧米生保市場定点観測(毎月第二火曜日発行) 米国の終身個人年金―即時開始型定額終身年金と長寿年金―】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧米生保市場定点観測(毎月第二火曜日発行) 米国の終身個人年金―即時開始型定額終身年金と長寿年金―のレポート Topへ