2015年05月12日

持続可能性のリスク管理-従来のリスク管理とは何が違うのか?

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   篠原 拓也

文字サイズ

■要旨

金融機関では、エンタープライズ・リスク・マネジメント(ERM)の取り組みが進められている。最近、欧米の保険会社では、持続可能性のリスク管理(Sustainable ERM, SERM)への取り組みが始まっている。これは、リスク管理を中核業務として行う金融機関、特に、長期間に渡って保障を行う保険会社で注目されている。今後、日本でも関心が高まるものと考えられる。

SERMの考え方は、リスク管理の領域を経済面に留めず、環境、社会、企業統治にまで拡張させている。また、幸福状態や人権といった従来のリスク管理では捉えてこなかったものにまで、対象の幅を広げている。SERMの検討は、欧米を中心に進んでおり、今後の動向には、注視が必要と考えられる。

30_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

篠原 拓也 (しのはら たくや)

研究・専門分野
保険商品、保険計理

(2015年05月12日「基礎研レター」)

レポート

アクセスランキング

【持続可能性のリスク管理-従来のリスク管理とは何が違うのか?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

持続可能性のリスク管理-従来のリスク管理とは何が違うのか?のレポート Topへ