2015年05月08日

Jリート市場のボラティリティを考える

金融研究部 主任研究員   岩佐 浩人

文字サイズ

Jリート市場のボラティリティは、内部要因ではなく外部環境が劇的に変化する局面で大きく上昇する。また、「高ボラティリティ期」は高いリスクに見合うリターンを得にくい傾向があり、リスクを能動的に管理することでリスク・リターン効率が高まる可能性もある。

69_ext_01_0.jpg

金融研究部   主任研究員

岩佐 浩人 (いわさ ひろと)

研究・専門分野
不動産市場・投資分析

(2015年05月08日「ニッセイ年金ストラテジー」)

レポート

アクセスランキング

【Jリート市場のボラティリティを考える】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

Jリート市場のボラティリティを考えるのレポート Topへ