2015年04月16日

4月15日ECB政策理事会:政策効果に自信を示すも、テーパリング観測は一蹴

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

欧州中央銀行(ECB)が15日、政策理事会を開催した。今回は、ドラギ総裁が、会見で量的緩和の規模縮小(テーパリング)や期間短縮の可能性について、どのような発言をするかが注目されていた。

ドラギ総裁は、金融政策の完全実施に注力する方針を確認するとともに、国債買い入れの下限となる預金ファシリティー金利(現在マイナス0.2%)の引き下げや量的緩和の期間を短縮する意思はないことを表明、市場に安心感を与えた。

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

(2015年04月16日「経済・金融フラッシュ」)

レポート

アクセスランキング

【4月15日ECB政策理事会:政策効果に自信を示すも、テーパリング観測は一蹴】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

4月15日ECB政策理事会:政策効果に自信を示すも、テーパリング観測は一蹴のレポート Topへ