2015年04月07日

年金改革ウォッチ 2015年4月号~ポイント解説:年金数理部会報告の改善点と期待

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   中嶋 邦夫

文字サイズ

1 ―― 先月までの動き
 年金事業管理部会では、新たな年金記録訂正手続の実施や制度改正の施行等について詳細な説明が行われました。中でも「短時間労働者に対する厚生年金適用拡大」については、適用拡大の5要件の詳細な取扱い基準などの具体的な内容が報告されました。また年金数理部会では、例年どおり前年度(2013年度)の公的年金の財政状況の分析結果が取りまとめられました。

2 ―― ポイント解説:年金数理部会報告の改善点と課題
 先月末に、社会保障審議会の年金数理部会が公的年金の財政状況の分析結果「公的年金財政状況報告(平成25年度)」を公表しました。本稿では、年金財政の状況を確認するとともに、この分析の改善された点と今後への期待を整理します。

このレポートの関連カテゴリ

52_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

中嶋 邦夫 (なかしま くにお)

研究・専門分野
公的年金財政、年金制度

(2015年04月07日「基礎研レター」)

レポート

アクセスランキング

【年金改革ウォッチ 2015年4月号~ポイント解説:年金数理部会報告の改善点と期待】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年金改革ウォッチ 2015年4月号~ポイント解説:年金数理部会報告の改善点と期待のレポート Topへ