2015年03月04日

年金基金の投資対象として存在感を増す私募リート

金融研究部 不動産運用調査室長   加藤 えり子

文字サイズ

年金基金による不動産投資では、2000年代後半以降、上場リートや私募ファンドなどの投資商品が普及し、最近は私募リートへの投資が増えている。換金性を持つなどの特徴がある私募リートだが、今後市場の低迷期においても実績を積むことで商品性が確立するだろう。

6_ext_01_0.jpg

金融研究部   不動産運用調査室長

加藤 えり子 (かとう えりこ)

研究・専門分野
不動産市場・投資分析

レポート

アクセスランキング

【年金基金の投資対象として存在感を増す私募リート】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年金基金の投資対象として存在感を増す私募リートのレポート Topへ