2015年03月03日

最近の人民元と今後の展開(2015年3月号)

経済研究部 上席研究員   三尾 幸吉郎

文字サイズ

○ 2月の人民元相場(対米国ドル)は基準値・現物実勢ともに小幅な下落となった。現物実勢は弱含みの地合いが続いたが、中国人民銀行が基準値を1米国ドル=6.13元前後の高めに維持したことから、現物実勢は許容変動幅の下限にぶつかって大きくは下落しなかった。

○ 今後の人民元(現物実勢)を予想すると当面は弱含みの展開と思われる。中国では景気下ぶれ懸念が払拭できない一方、米国では利上げの時期が刻々と近づいており国際資金は米国へ回帰しやすいからである。当面の下値は2011-12年にもみ合った水準の手前(6.3元前後)ではないかと見ている。また、許容変動幅を拡大して元安を許容する可能性もある。

このレポートの関連カテゴリ

80_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

三尾 幸吉郎 (みお こうきちろう)

研究・専門分野
中国経済

(2015年03月03日「経済・金融フラッシュ」)

レポート

アクセスランキング

【最近の人民元と今後の展開(2015年3月号)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

最近の人民元と今後の展開(2015年3月号)のレポート Topへ