2015年03月03日

大阪オフィス市場の現況と見通し(2015年)

金融研究部 不動産市場調査室長   竹内 一雅

文字サイズ

■見出し

1― はじめに
2― 大阪のオフィス空室率・賃料動向
3― 大阪のオフィス需給と地区別動向
4― 大阪の新規供給・人口見通し
5― 大阪のオフィス賃料見通し
6― おわりに

■はじめに

2013年から2014年にかけて、グランフロント大阪、ダイビル本館、あべのハルカスなどの大規模ビルの竣工があったが、大阪のオフィス市況は大きく崩れることはなく改善が進んでいる。しかし募集賃料は底ばいを続けるなど、中小ビルを中心に市況のセンチメントは十分に回復していない。本稿では、大阪オフィス市場の現況把握とともに、2021年までのオフィス賃料の将来予測を行う。

68_ext_01_0.jpg

金融研究部   不動産市場調査室長

竹内 一雅 (たけうち かずまさ)

研究・専門分野
不動産市場・投資分析

(2015年03月03日「不動産投資レポート」)

レポート

アクセスランキング

【大阪オフィス市場の現況と見通し(2015年)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

大阪オフィス市場の現況と見通し(2015年)のレポート Topへ