2015年02月20日

健康長寿の社会的効果の試算~2020~2050年の介護コスト変化シミュレーションの結果

生活研究部 主任研究員   前田 展弘

文字サイズ

■要旨

“健康のまま長生きできる”ことは国民誰もが求める根源的ニーズであり、個人にとって望ましいことに違いないが、社会にとっての“効果”は果たしてどうか。いくら健康寿命を延伸できたとしても、人間(生物)である以上、老化(虚弱化)は避けられない。ほとんどの人は、やがて必ず医療やケアが必要となる。介護が必要になるタイミングが遅れるだけであれば、年金コストも考えると全体の社会的コストは悪化するのではないかという見方もある。本稿では、2020~2050年にかけて、「今後の高齢者の増加」と「国民の予防行動の効果」を掛け合わせたときに社会全体のコスト(介護コストのみ)がどのように変化するのか、独自の試算(3パターンのシミュレーション)を行った。その結果、あくまで仮定、想定にもとづく計算上の話ではあるが、予防行動によって、健康寿命が延伸されると、介護コストの面で社会的にも重要な“効果”が期待される結果を得た。

41_ext_01_0.jpg

生活研究部   主任研究員

前田 展弘 (まえだ のぶひろ)

研究・専門分野
ジェロントロジー(高齢社会総合研究)、超高齢社会・市場、QOL(Quality of Life)、ライフデザイン

(2015年02月20日「基礎研レポート」)

レポート

アクセスランキング

【健康長寿の社会的効果の試算~2020~2050年の介護コスト変化シミュレーションの結果】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

健康長寿の社会的効果の試算~2020~2050年の介護コスト変化シミュレーションの結果のレポート Topへ