2015年02月10日

欧米生保市場定点観測(11)カナダの生命保険市場 part3-販売チャネル 銀行に厳しい規制、大型代理店に注目-

保険研究部 主任研究員   松岡 博司

文字サイズ

【要旨】

1990年代までは、一社専属エージェントが、カナダにおける生命保険・医療保険のほとんど唯一というべき販売チャネルであった。
しかし2000年以降、独立(乗合)エージェントが成長する等、販売チャネルの多様化が進展した。
ただし厳しい規制を課されている銀行窓販は、微々たるシェアしか持たない。
また近年急成長を遂げた独立エージェントの代表格であるMGA(マネージングジェネラルエージェンシー)については、近年、そのあり方を巡って議論が行われた。

51_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員

松岡 博司 (まつおか ひろし)

研究・専門分野
生保経営・生保制度(生保販売チャネル・バンカシュランス等、主に日本生命委託事項を中心とする研究)

(2015年02月10日「保険・年金フォーカス」)

レポート

アクセスランキング

【欧米生保市場定点観測(11)カナダの生命保険市場 part3-販売チャネル 銀行に厳しい規制、大型代理店に注目-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧米生保市場定点観測(11)カナダの生命保険市場 part3-販売チャネル 銀行に厳しい規制、大型代理店に注目-のレポート Topへ