2015年01月19日

中国経済:2014年12月の住宅価格~新築商品住宅は8ヵ月連続の下落も、巨大都市では中古住宅が小幅に反転上昇

経済研究部 上席研究員   三尾 幸吉郎

文字サイズ

○ 1月18日、中国国家統計局は2014年12月の住宅販売価格変動状況を発表、新築商品住宅の販売価格は今年4月をピークに8ヵ月連続の下落となった。住宅価格が下落してきた背景には住宅販売が減少したことがある。販売不振で在庫が積み上がった不動産業者が値引き販売に走る一方、購入予定者はまだ下がると見て様子見姿勢を強めたためである。

○ 住宅価格は12月も下落したが、下落の勢いは鈍っており、一部の都市では中古住宅価格に底打ちの兆しがある。中国人民銀行が基準金利を引き下げたことなどで住宅販売の減少には歯止めが掛かりつつあり、2015年前半にも底打ちする可能性がでてきている。但し、在庫水準が依然として高いことなどから、底打ちしても上昇余地は限定的と見ている。

このレポートの関連カテゴリ

80_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

三尾 幸吉郎 (みお こうきちろう)

研究・専門分野
中国経済

レポート

アクセスランキング

【中国経済:2014年12月の住宅価格~新築商品住宅は8ヵ月連続の下落も、巨大都市では中古住宅が小幅に反転上昇】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国経済:2014年12月の住宅価格~新築商品住宅は8ヵ月連続の下落も、巨大都市では中古住宅が小幅に反転上昇のレポート Topへ