2015年01月13日

欧米生保市場定点観測(10)カナダの生命保険市場 part2-自国市場を守り、海外市場に攻め込むカナダの生保会社-

保険研究部 主任研究員   松岡 博司

文字サイズ

【要旨】

カナダにおける生保事業者は99機関。うち80機関は連邦法に基づき設立されたもの、19機関は州法に基づき設立されたものである。
99機関のうち「カナダ国内に本社を有する機関」は68%にすぎず、26%は隣国である「米国の機関の支店」である。しかし「米国の機関の支店」の収入保険料シェアは1.2%にすぎず、米国の事業者は、カナダに支店を開設はするが、カナダの市場を攻略し切れないという状態にある。
カナダ市場における外資系機関のシェアは20~22%。ただし英国の有力会社の撤退により2015年以降の外資系機関のシェアは10%近く減少する。
カナダ生保市場では90年代末から2000年代初頭にかけて再編が加速し、大手3グループが60%を超えるシェアを持つ寡占体制ができあがった。
カナダの生命保険業界の国際化は非常に進んでいる。カナダの生命保険グループが全世界で集めた収入保険料のうち、カナダ国内で計上された収入保険料は59%にすぎず、残り41%は海外市場から収入されている。カナダの生保会社(特に大手生保会社)は、早くから海外進出に積極的であった。
全体収入保険料の23%を計上する米国はカナダ生保業界にとり重要な市場である。米国の事業者がカナダ市場を攻略し切れていないのとは対照的にカナダの生保業界は米国の生保市場に一定の実績を残している。

このレポートの関連カテゴリ

51_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員

松岡 博司 (まつおか ひろし)

研究・専門分野
生保経営・生保制度(生保販売チャネル・バンカシュランス等、主に日本生命委託事項を中心とする研究)

(2015年01月13日「保険・年金フォーカス」)

レポート

アクセスランキング

【欧米生保市場定点観測(10)カナダの生命保険市場 part2-自国市場を守り、海外市場に攻め込むカナダの生保会社-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧米生保市場定点観測(10)カナダの生命保険市場 part2-自国市場を守り、海外市場に攻め込むカナダの生保会社-のレポート Topへ