2015年01月13日

LGBTへの医療と保障の提供-アメリカは、LGBT差別をどのように解消しようとしているのか?~Kaiser Family財団の短信より

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   篠原 拓也

文字サイズ

【要旨】

本稿は、アメリカの医療や保険において差別問題がどのように扱われているかを紹介するもので、特段の前提知識を要しない、平易な内容としている。

最近、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーを意味するLGBTという言葉を新聞等で目にする機会が増えている。世界的に、LGBTに対する差別禁止の動きが高まっている。特に、アメリカでは、同性婚容認の最高裁判決が下り、LGBTに関する社会制度の整備が加速している。医療や保険においても、LGBTに向けた制度整備が図られている。アメリカの状況がそのまま日本にあてはまる訳ではないが、今後、日本でも医療制度や保険制度において、様々な整備が必要となる可能性がある。その際、アメリカの動向は、参考になるものと考えられる。引き続き、その動向には注意していくことが重要と考えられる。

30_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

篠原 拓也 (しのはら たくや)

研究・専門分野
保険商品、保険計理

レポート

アクセスランキング

【LGBTへの医療と保障の提供-アメリカは、LGBT差別をどのように解消しようとしているのか?~Kaiser Family財団の短信より】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

LGBTへの医療と保障の提供-アメリカは、LGBT差別をどのように解消しようとしているのか?~Kaiser Family財団の短信よりのレポート Topへ