2015年01月07日

ダウンサイドの抑制に向けた動的管理の活用について

金融研究部 年金総合リサーチセンター 企業年金調査室長   梅内 俊樹

文字サイズ

ダウンサイドの抑制は、年金運用の目標であり課題である。しかし、静的管理によって特徴付けられる現在の基本ポートフォリオ運営では、ダウンサイド抑制に限界がある。静的管理に動的管理を併用する資産配分戦略の複線化は、ダウンサイド抑制の効果を高めるための候補となり得る。DBの持続性を高めるためにも、資産配分戦略の改善に向けた検討が望まれる。

78_ext_01_0.jpg

金融研究部   年金総合リサーチセンター 企業年金調査室長

梅内 俊樹 (うめうち としき)

研究・専門分野
リスク管理、年金運用

レポート

アクセスランキング

【ダウンサイドの抑制に向けた動的管理の活用について】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ダウンサイドの抑制に向けた動的管理の活用についてのレポート Topへ