2015年01月06日

年金改革ウォッチ 2015年1月号~ポイント解説:被用者年金一元化の検証

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   中嶋 邦夫

文字サイズ

1 ―― 先月までの動き
 企業年金部会では企業年金のガバナンスや現行制度の改善が取り上げられ、7月以降続けられてきた議論が予定した論点を一巡しました。年金数理部会では、公的年金各制度の平成25年度財政状況について報告を聞いたほか、今後行う財政検証等の検証作業で各制度に求める資料等を確認しました。公的年金制度を議論する年金部会は開催されず、議論のとりまとめは新年に持ち越されました。

2 ―― ポイント解説:被用者年金一元化の検証
 12月19日の年金数理部会では、今後行う財政見通しの検証作業の中で被用者年金の一元化も検証することが確認されました。本稿では年金数理部会の位置づけと一元化の検証の注目点を確認します。

52_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

中嶋 邦夫 (なかしま くにお)

研究・専門分野
公的年金財政、年金制度

(2015年01月06日「保険・年金フォーカス」)

レポート

アクセスランキング

【年金改革ウォッチ 2015年1月号~ポイント解説:被用者年金一元化の検証】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年金改革ウォッチ 2015年1月号~ポイント解説:被用者年金一元化の検証のレポート Topへ