2014年12月09日

欧州経済見通し~ユーロ圏:強まるデフレ懸念。政策対応を強化/英国:GDPギャップ解消へ~

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

  1. 2014年のユーロ圏の実質GDPは0.8%と3年振りにプラス成長に転じる見通しだが、GDPギャップの縮小は殆ど進まず、デフレ懸念が強まった。15年入り後もしばらくは原油価格下落のため超低インフレが続き、インフレ期待の下振れが心配される。
  2. 15年は、ECBによる金融緩和の強化とこれに伴うユーロ安、EUの投資プロジェクトの始動、財政緊縮圧力の緩和、さらに最大の輸出相手国である米国経済の回復などから、実質GDPは前年比1.1%、16年は同1.6%に回復し、GDPギャップは徐々に縮小する。
  3. 2015年のインフレ率は平均1バレル=75ドル程度の原油価格が続くと想定した場合、年間で0.4%まで低下するが、16年はその反動とGDPギャップの縮小で1.6%まで回復しよう。
  4. 英国は内需主導で回復しているが、インフレ率は輸入物価の影響で鈍化しており、実質賃金のプラス転化が視野に入ってきた。15年の成長率は14年の3%を下回るものの、潜在成長率を上回り、GDPギャップの解消が見込まれる。BOEは7~9月期に利上げを開始、5月総選挙は二大政党離れ、EU離脱問題で市場の関心を集めよう。

長期化する超低インフレ~本来プラス要因の原油価格低下もインフレ期待への影響が懸念~

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

(2014年12月09日「Weekly エコノミスト・レター」)

レポート

アクセスランキング

【欧州経済見通し~ユーロ圏:強まるデフレ懸念。政策対応を強化/英国:GDPギャップ解消へ~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州経済見通し~ユーロ圏:強まるデフレ懸念。政策対応を強化/英国:GDPギャップ解消へ~のレポート Topへ