2014年11月25日

国際的な保険資本規制の最近の動向-保険監督者国際機構などにおけるここ数ヶ月の動き

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   安井 義浩

文字サイズ

【要旨】

保険監督者国際機構(IAIS)を中心に、保険初の国際資本規制である「BCR」、グローバルにシステム上重要な保険会社への上乗せ規制である「HLA」、そして保険資本規制の完成形「ICS」の検討が急ピッチで進められている。現在BCRは原則と具体案が公表され、またHLA、ICSは基本的な原則が提示され、今後市中協議などが行われることになっている。2016年までにほぼ完成され、2019年の適用が予定されている。

このレポートの関連カテゴリ

27_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

安井 義浩 (やすい よしひろ)

研究・専門分野
保険会計・計理、共済計理人・コンサルティング業務

(2014年11月25日「保険・年金フォーカス」)

レポート

アクセスランキング

【国際的な保険資本規制の最近の動向-保険監督者国際機構などにおけるここ数ヶ月の動き】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

国際的な保険資本規制の最近の動向-保険監督者国際機構などにおけるここ数ヶ月の動きのレポート Topへ