2014年11月17日

中国経済:14年10月の景気評価点~3点で底這いも、投資には底打ちの兆し

経済研究部 上席研究員   三尾 幸吉郎

文字サイズ

○ 10月の景気評価点は前月と同じ3点となった。直近最低点である8月(2点)よりはやや高いものの、上向いている指標は3つだけで下向いている指標の方が多く、中国の景気は底這いの状態が続いている。

○ 需要面から見ると底打ちの兆しがでてきた指標もあるが、供給面の指標は下向きのままである。需要の回復が供給に波及していくのか、それとも需要の回復は一時的に終わるのか、来月発表の景気指標に注目したい。


景気評価点の推移

このレポートの関連カテゴリ

80_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

三尾 幸吉郎 (みお こうきちろう)

研究・専門分野
中国経済

(2014年11月17日「経済・金融フラッシュ」)

レポート

アクセスランキング

【中国経済:14年10月の景気評価点~3点で底這いも、投資には底打ちの兆し】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国経済:14年10月の景気評価点~3点で底這いも、投資には底打ちの兆しのレポート Topへ