2014年11月17日

「高度外国人材」の獲得・活用へ向けての提言-シンガポール等の先進事例を踏まえたマーケティング視点からの考察

保険研究部 兼 経済研究部 主席研究員 アジア部長 General Manager for Asia   平賀 富一

文字サイズ

■要旨

企業活動のグローバル化が進む中、ニーズと重要度が高まる「高度外国人材」を巡っては「国際的な人材獲得競争」ともいうべき状況が生じている。わが国として競争力と魅力ある条件や環境を提示・アピールし質量ともに必要とする人材を確保すべきである。その戦略や重要施策の検討・実行のためにはシンガポール等先進諸国のケースに見られる利用者視点からのマーケティング理論を応用した取組みが有用と考えられる。

79_ext_01_0.jpg

保険研究部   兼 経済研究部 主席研究員 アジア部長 General Manager for Asia

平賀 富一 (ひらが とみかず)

研究・専門分野
国際経営・国際経済(アジア地域を主とする)・国際人的資源管理

(2014年11月17日「基礎研レポート」)

レポート

アクセスランキング

【「高度外国人材」の獲得・活用へ向けての提言-シンガポール等の先進事例を踏まえたマーケティング視点からの考察】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

「高度外国人材」の獲得・活用へ向けての提言-シンガポール等の先進事例を踏まえたマーケティング視点からの考察のレポート Topへ