2014年11月04日

中国経済:14年10月の製造業PMIは50.8%と7月をピークに鈍化傾向

経済研究部 上席研究員   三尾 幸吉郎

文字サイズ

10月の製造業購買担当者指数(PMI、季節調整済)は50.8%と前月と比べて0.3%ポイント低下し、景気の勢いが7月(51.7%)をピークにして鈍化傾向にあることを確認する結果となった。なお、拡張・収縮の分岐点となる50%は25ヵ月連続で上回っている。企業規模別では、大型企業は51.9%と高水準を維持したものの中小型企業は50%割れとなった。生産経営活動予想指数は依然50%を上回っているが、今年1月以来の低水準に落ち込んでおり、新規受注指数の落ち込みも大きいことから、製造業PMIは今後も暫くは冴えない動きになると思われる。

このレポートの関連カテゴリ

80_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

三尾 幸吉郎 (みお こうきちろう)

研究・専門分野
中国経済

レポート

アクセスランキング

【中国経済:14年10月の製造業PMIは50.8%と7月をピークに鈍化傾向】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国経済:14年10月の製造業PMIは50.8%と7月をピークに鈍化傾向のレポート Topへ