2014年10月30日

企業年金の財政安定化に資する積立剰余の活用について

金融研究部 年金総合リサーチセンター 企業年金調査室長   梅内 俊樹

文字サイズ

■要旨

公的年金の減額・縮小が見込まれる中、民間サラリーマンの退職後の所得保障においては、資産残高53兆円と確定拠出年金の7兆円を大きく凌ぐ確定給付企業年金(以下、DB)の重要性が高まりつつある。この重要な役割を今後も長きにわたりDBが果たしていく上では、何よりも年金財政の健全性が維持され続けることが大前提となろう。ここ数年の良好な運用環境により最悪期を脱し、多くのDBで年金財政上の積立不足が解消された今は、DBの健全性を維持し、持続性を高めるための方策を検討する絶好のチャンスと言える。本稿では、積立剰余の主な活用法を概観した後、運用面に着目し、積立剰余時の財政の安定化に資する運用リスクの抑制方法を紹介したい。

このレポートの関連カテゴリ

78_ext_01_0.jpg

金融研究部   年金総合リサーチセンター 企業年金調査室長

梅内 俊樹 (うめうち としき)

研究・専門分野
リスク管理、年金運用

レポート

アクセスランキング

【企業年金の財政安定化に資する積立剰余の活用について】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

企業年金の財政安定化に資する積立剰余の活用についてのレポート Topへ